大田区内の斎場で父の葬儀を行いました

家族のための葬儀にもなった

大好きな父の葬儀で迷っていた : 父らしい葬儀に : 家族のための葬儀にもなった

記憶に鮮明に残っているスタッフの方の言葉があります。
それは「お葬式は故人の為のものと思われがちですが、遺族の方が前を向いて歩いて行けるようする為のセレモニーでなければなりません。
」というものです。
準備する時間に限界はありましたが、その中で父の為にも自分達の為にも精一杯やれたと思っています。
父が火葬場に行ってしまうまでの時間の流れは信じられないほど緩やかで、感謝の気持ちを思う存分伝えることができ悔いのない最後のお別れを実現することができました。
もし一般的なお葬式にしていたら、こんな満足感は得られなかったと思います。
今はいろいろな葬儀の形がありますが、うちの場合は家族葬という選択をして本当に良かったです。
そして、この斎場とスタッフの皆さんに出会えたことはとても幸運だったと感じています。
父の旅立ちを一緒に見守って下さったこと、心から感謝しています。